先日、あるセミナーに参加をしました。

 

イノベーションや仕事に対する考え方についてのセミナーです。

 

その中で印象に残ったのが「一流は専門家を使う。二流は我流でやる」というフレーズ。

 

ちなみに、このセミナー講師は何かサービスの販売をしている訳ではありませんので、購入を煽るためのフレーズではありません。

 

また講演の依頼主もある大学なので、依頼主の商品やサービスを売るための売り文句でもありません。

 

オリンピックで金メダルを取る人は、一流のトレーナーを雇う。自分に合わなければ違う人を探して雇う。そして金メダルを取るという目標を達成する。

 

一流の登山家は、一流の案内人を複数名雇う。色々とアドバイスをもらって決断し、登頂を達成する。

 

では、二流の人はというと・・・我流で行ってしまうんです。

 

ただこの言葉、買わせるための売り文句になってしまうので、言う方も言われる方も注意が必要です。

 

ただ自分は自分の専門外のところは一流の人にまかせるということを心掛けていきたいと思います。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP