問題と課題。

一見似ている単語です。

ですがごちゃまぜになっていることが多いです。

今回は問題と課題の考え方についてまとめていきたいと思います。

 

問題とは?

問題とは「今現在、目標としていることとの差」のことを言います。

例えば売上残業時間0を目標としているのに、10時間残業してしまっているというのは問題です。

これは解消をすることを解決といいます。

問題を解決するためには、「ボトムアップ」で進めるのがセオリー。

会社で言えば、現場の人の声を元に解決を目指していきます。

 

課題とは?

課題とは「将来、目標としていることとの差」のことを言います。

今回は残業が10時間だった、今度は0時間にするぞ!というのが課題です。

課題解消は達成すると言います。

課題を達成するためには「トップダウン」で進めるのがセオリーです。

上に立つ人が「この課題達成のためにこうするぞ!」と言って進めていかないといけません。

 

 

問題を解決できる現場を作り、経営者は課題に取り組むというのが会社としては良いのでしょう。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP