「売上をあげる」

 

経営者であれば日々このことが頭から離れることはないでしょう。

 

でも売上を伸ばせば手元にたくさんお金が残るかというとそうではありません。

 

すごく極端な例でいうと、1,000円で仕入れをしたものを500円で売れば500円の売り上げが上がります。

 

2個、3個と売っていくと売上は上がります。

 

でも、上記の例だと誰もが儲からないということが瞬時にわかると思います。

 

この例は極端な例ですが、「売上が上がることは、現金が手元に残ることに直結はしていない」ということを端的に表しています。

 

セールをして販売する、他社に負けないように価格を下げる、消費税は内税に・・・・という施策を通じて上記のような状態になってしまうことも少なくありません。

 

売上を追うどころか販売個数を追うことになってしまって結果的に手元にお金が残らないということがあるので事前にシミュレーションをすることは重要です。

 

経営は値決めである、というのはこのことからも真理なのだとわかりますね。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP