公式組織の3要素。

 

アメリカの経営学者チェスター・バーナード氏が提唱した組織としての要素のことです。

 

【公式組織の3要素】

  • 共通の目的
  • 協働する意思
  • コミュニケーション

 

人が集まるだけでは組織と呼ぶことはできない訳ですね。

 

ある特定の場所に居合わせているだけの100名は特に目的も共通ではないし、一緒に何かをやる意思もないし、コミュニケーションも取らないので組織とは言えません。

 

組織としての重要なこの3要素、あなたが関わっている組織はどうでしょうか?

 

どれもこれも当たり前だからと言って何もせずに環境にまかせていませんか?

 

この理論は非常に使える理論で、会社の中の小規模な組織である部や課でも応用可能です。

 

しっかり部や課の共通の目的を共有して、一緒に働く意欲を醸成し、情報を共有できる環境を作りましょう。

 

細かな改善はそのあとからでも遅くはないと思います。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP