経営理念を作っている中小企業は驚くほど少ないです。

 

経営理念は、創業者の事業に対する思いやこだわりを表しており、社長を含め全社員が仕事の指針や判断をする時に拠り所とする大事な価値基準です。

 

経営理念という言葉を知らないのでしょうか?

 

いえ、知っているのに作っていないのがほとんどです。

 

経営理念が重要だと思っているのに作っていない方もいらっしゃいます。

 

なぜなのでしょうか?

 

それは単純に作り方がわからないからです。

 

経営理念を作れと突然言われてもわからないですよね?

 

経営理念を作るためには、作る方法が存在しています。

 

以下、良ければ参考記事としてお読みください。

>>経営理念の作り方は?ぶれない価値観を見る化する

 

またこの記事の一番下で無料提供しているビジョン作成シートの中にも経営理念の作り方を載せています。

 

メルマガまたはLINE登録が必要ですが、ぜひご活用ください。

 

経営理念を作る上でのもう一つの障害はどのように従業員に浸透させるか?です。

 

突然、「これがわが社の経営理念だから」と言われてもすぐに浸透するはずもありません。

 

社長が自分の言葉で必要性を説いて、なぜこのような経営理念にしたのかを繰り返し説明し、自分がその経営理念に従って仕事の判断をしているところを見せていかないといけません。

 

作って終わりではないところに経営理念作成の難しさがあります。

 

 

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP