新規顧客の獲得はビジネスをする上で非常に重要です。

 

新規顧客獲得のためには、まず自分のビジネスの存在を知ってもらうこと、認知してもらうことが大事です。

 

認知を促すためには、テレビコマーシャル・DM・新聞折込・ネット広告などたくさんの方法があり、どれも費用が大きくかかります。

 

新規顧客を獲得するために費用がかかるのは当然・・・と認識した上で取り組むのは良いですが、その前にしっかりかけても良い費用の範囲内を決めましょう。

 

例えばある宅配をやっているお店があるとします。

 

寿司でもピザでもなんでも良いのですが、ここでは仮に丼モノの宅配業者だとしましょう。

 

単価は1,000円で、繰り返し使ってもらえる平均が3回だとします。

 

この場合、1顧客を獲得すると3,000円の売り上げが見込めるということになります。

 

原価を30%とすると、粗利益は2,100円ということになります。

 

新規顧客を獲得するのに、一人当たり2,100円を超えてしまうといくら費用をかけて売り上げを作っても儲かりません。

 

例えば周辺の住宅にチラシをポスティングしようと考えたとします。

 

ポスティングの費用が100,000円で20,000件に配布し、反応率1%だとします。

 

すると成果としては、20,000件の1%で、200件の新規顧客が来ることになります。

 

1件あたりの費用は、100,000円÷200=500円となりますから、1件あたりの利益2,100円を下回っているので成功ということになります。

 

実際には他の費用も考慮をしないといけない場合もあるためここまで単純ではないかもしれませんが、自社で行なった施策がうまくいっているのかを一度計算をしてみると良いでしょう。

 

下回っている場合には、単価を上げる、継続率を上げる、反応率を上げるなど手を打っていくことが必要になります。

 

 

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP