GAFAという言葉をご存知ですか?

 

そのまま「ガーファ」と読みます。

 

これはアメリカの巨大IT企業の頭文字をとってつなげた言葉です。

 

G:Google
A:Apple
F:Facebook
A:Amazon

 

今これらの企業が世界の機能を牛耳っており、巨額の利益を稼ぎ出しています。

 

これらの企業のスタンスやサービスの是非は各々の判断におまかせします。

 

ここでお伝えしたいのはその影響力。これらの会社は世の中に大きな影響力を発揮しているのは間違いありません。

 

大きな影響力があるということは他人だけでなく自分にも関係してきます。

 

自分にも影響があるのであれば、これらのサービスがどのようなものなのか?は理解をしておきたいところです。

 

例えば超巨大IT企業のGoogle。

 

提供しているサービスは「検索サービス」です。

 

検索するだけで簡単にWEB上から情報を無料で得ることができます。

 

使っている人は簡単に使っていますが、使えていない人は本当に使えていないのが現状です。

 

ちょっと問題があった時に検索をすればすぐわかるのに検索をするという発想になりません。

 

スマホにしてもSNSにしても「自分には合わないから・・・」と使う前から否定的です。

 

影響力の大きな会社のサービスですから使い続けるかは自由ですが、使ってみて理解をするようにしましょう。

 

私自身もSNSというのが基本的には苦手で今までほとんどやってきませんでした。

 

仕事上必要にFacebook、Instagram、Twitterと色々やってみて色々なことがわかり勉強になっています。

 

ぜひ一度試しにでもさわってみることをおすすめします。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP