今回はお金の流れとビジョンの一致についてです。

 

弊社が提唱しているビジョン作成方法では、経営理念やミッション等も一緒に作成をしていきます。

 

先に会社の方向性や信念等を明確にしてから、具体的なビジョンを作っていきます。

 

しかし、ビジョンだけ立派に作ってもうまく機能はしません。

 

なぜかというと、「数字の裏付け」がされていないからです。

 

ビジョンというとただの標語というイメージを持っている方も多いかもしれませんが、具体的な数字・行動を起こしていくために必要なものなのです。

 

1年後の売上を1億にするのであれば、半年で5,000万、1か月で840万という売上を作っていかないといけません。

 

不足が生じているのであれば何か手を打たないといけませんね。

 

このように目標を達成するためには、お金の流れとビジョンの一致させる必要がでてくるのです。

 

つまり最適な「経営の打ち手」を取るためには、ビジョンとお金の流れの把握が必要になるということなんです。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP