ビジョンの作成をしても従業員に伝えたがらない経営者の方はたくさんいらっしゃいます。

 

なぜ伝えたくないのか?と聞くと、なんか気恥ずかしいという気持ちがあったり、言っても伝わらないと思っていたりと色々と理由はあります。

 

しかし、会社のビジョンを達成したいのであれば従業員と一丸となって進んでいかないといけません。

 

ある会社でこんな話を聞きました。

 

ビジョンを従業員を集めて伝えたところ、ビジョンをすごく理解している従業員と全く無関心の従業員とに分かれてしまいました。

 

なぜこんなにきれいに分かれてしまうのか?

 

よくよく話を聞いてみると、ビジョンをすごく理解している従業員は「社長と二人で話す時間が長かった」社員であることがわかりました。

 

出張に一緒に出掛けて移動する車の中でずっとビジョンについて説明をしていたとか、別件で面談する機会がありその時にビジョンについても説明していたとか・・・

 

ビジョンをしっかり伝えるためには、相応の熱意と回数は必要になります。

 

一回伝えただけでは伝わりません。

 

また社長自身だけでなく外部の人間からビジョンの重要性を聞くことによって理解がしやすくなることもあります。

 

一回伝えたらOKではなく、何度も繰り返し工夫をして伝えるようにしましょう。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP