今回はセルフイメージについてです。

 

セルフイメージとはその名の通り「自己をどのようにとらえているか?」のことを言います。

 

医者の方であれば「自分は医師」ととらえたり、美容師の方であれば「自分は美容師」ととらえることを言います。

 

このセルフイメージは一見すると自分の職業名になりがちですが、もう少し深く考える必要があります。

 

先ほどの美容師であれば、「美容師」という職業名ではなく、「お客様をかっこよく、かわいく、きれいにしてあげる存在」として定義をすると提供するサービスの質や範囲がかわってきます。

 

そうすると競争相手も他の美容師だけではなく、他の「かっこいい・きれい産業」が相手になってきます。

 

対応方法も自然と変わってくると思います。

 

自分の仕事の範囲に制限を設けないためにもセルフイメージは重要になります。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP