業務を推進していく上で、PDCAサイクルを利用している方はたくさんいらっしゃると思います。

 

PCDAサイクルという言葉がわからなくても、結果的に同じようなことをしている方もたくさん。

 

PDCAサイクルとは、Plan(計画)⇒Do(実行)⇒Check(検証)⇒Action(改善)のサイクルで業務に取り組んでいく手法のことをいいます。

 

これでやってみよう!と決めて、やってみて、結果を見て、また違う方法を試す、という単純なサイクルなので誰もが意識的にも無意識的にもやっていると思います。

 

このPDCAサイクルで重要なのが、「C」です。

 

実際にはどれも大事なのですが、一番おろそかになりやすいのが「検証」です。

 

結局、検証をしないので常にPDを繰り返しているという方は少なくありません。

 

私がお話させていただいた方も、計画して実行してはやりっぱなしになり、また計画をして・・・となっていました。

 

最初に、検証のやり方をしっかりと固めていきましょう。

 

また複数名の方でやるのであれば、検証する日を決めて必ず参加するように強制にしてみるとPDCAサイクルがしっかりと回りますよ。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP