アルバイトや新人社員に仕事をまかせたら楽なのはわかるけど、それができない方が多いようです。

 

私自身も苦手なことなのですが、以下の状況にいる方が多いようですね。

 

①教える時間がない
②任せる人がいない
③自分しかできない仕事が多い

①の教える時間がないという点についてです。

 

解決策の一つとしては「教える時間がないのなら教えずにまかせる」という方法があります。

 

要するに丸投げする方法ですね。

 

「教えないとできないのでは?」と思った方は感覚が正常だと思います。中には丸投げをしておいて「なんでできないんだろう?」っていう方もいますから・・・できる訳ないですよね?

 

できる訳がないので、失敗する・何度もやり直しをするという事を前提に丸投げをしましょう。

 

だから仕事の選定(リスクが小さい仕事)と目的をしっかり伝えることは大事です。

 

頼み方も大事ですね。

 

「今は忙しくて細かく教えてあげることができない。失敗してもやり直しても大丈夫なので、〇〇日までに〇〇というゴールでこの仕事に取り組んでください」と言いましょう。

 

大事なのは、「教えれないことに対しての謝罪」と「失敗しても大丈夫」という2点です。

 

これをやらないと「なんで教えてくれないの?」「こんなの教えてもらってないよ!」「失敗したらどうしよう・・・」となって不平・不満が募ってしまいます。

 

「教えてもらってないよって・・・社会人なんだから考えろよ」と思うかもしれませんが、それは他人の能力に任せすぎです。

 

期待をしない方が良いという訳ではありませんが、失敗する方法を知っているあなたが教えることができないのだから、失敗をたくさんして自分で学んでもらうことを容認するようにして任せてみましょう。

 

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP