「任せて任せず」

 

パナソニック創業者の松下幸之助さんの人材育成論を表す言葉です。

 

仕事を任せたら結果をじっと待つ、ただし、放置するのではなくちゃんと見守ってあげて大きな失敗は避けてあげるということを表した言葉です。

 

表向きは信頼して任せてるけど実際にはしっかり進捗などを気にかけているということですね。

 

仕事のできる中小企業の社長ほどこの「任せて任せず」ができない方が多いように感じます。

 

仕事を社員に振るけど、途中で色々と口を出してしまう・・・

 

任せたっていうけど、制限をたくさんつける・・・

 

これだと社員のかたは任されていると思えないでしょう。

 

また逆に任せたと言って本当に最後まで放置をしてしまう・・・

 

人を育てるためにはこの「任せて任せず」を意識することが大切ですね。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP