経営をしていくと対応をしなければならないことが山のようにでてきます。

 

日々の雑務から会社の長期ビジョンまで様々な業務をこなさないといけません。

 

全てを一人で抱え込んでしまうと途方にくれてしまうかもしれません・・・

 

そこで業務が増えてきたらその業務の目的を明確にして、やるかやらないかをしっかり決めていくことが重要です。

 

会社の長期ビジョンなどは経営者しか決めることができないでしょう。

 

しかし書類の作成などは従業員にお願いした入り、可能であれば外注をするなどをして対応をして自分でやらないようにすることも大切です。

 

私のお客様の例を挙げると、その方は「自分の好きな人にしか会わない」と言っていました。

 

40代までは様々な人に会い、会合に言って、飲み会に参加していたそうです。

 

しかし、50歳を過ぎてから経営者としての残りの時間の短さを考えた時に、「自分のためにもならないし、好きでもない人と飲み食いしても時間がもったいない」と考えるようになったそうです。

 

人に会わないと決めると色々と悪い影響もありそうですが、その方曰く「好きな人としか会わないから仕事がすごく楽しくなる。嫌なことを言う人もいないから精神的にも良い。人間誰でもある一定の年齢で会う人・会わない人を決めないといけないと思う」とのこと・・・

 

いきなりこのレベルでやらないことを決めるのも臆してしまうと思いますので、「夜はテレビを見ない」「寝坊をしない」「夜更かしをしない」「2次会にはいかない」など目的やご自身への影響を考えて実行してみると良いのではないでしょうか?

 

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP