成長ベクトルとは「次の成長の機会を見つけるためのフレームワーク」です。

フレームワークは次のようなマトリックスになります。

 

既存製品 新製品
既存市場 市場浸透戦略 製品開発戦略
新市場 市場開拓戦略 多角化戦略

 

縦軸に既存市場/新市場、横軸に既存製品/新製品をとってマトリックスを作ります。

 

 

まずは既存市場において既存製品の市場シェアを伸ばせるかどうかを考えます。

もともとよく知っている市場かつ製品であるため成功する可能性が高まるからです。

例えばヨーグルトなで食品で多くありますが、同じマーケットに対して同じ商品であるけどサイズが異なるものを

出して市場浸透を狙います。

 

次に既存製品のための新市場をもとめて、対応できるか検討をします。

ヨーグルトを食べない人へとマーケットをさらにマーケットを広げていく方法です。

ヨーグルトをあまり食べない年齢帯などに提供していくなどが該当します。

 

そして製品開発戦略、多角化戦略と検討をしていきます。

製品開発は全く新しい製品を既存のお客様へ、多角化戦略は新しい製品を既存のお客様へと提供していく戦略です。

 

成功の確率は市場浸透戦略>市場開拓戦略>製品開発戦略>多角化と言われています。

 

 

マーケティングの全体像にあてはめると

 

【マーケティングの全体像】

ミッション・ビジョン・経営理念

市場調査

目標設定

STP分析(セグメント、ターゲット、ポジショニング)

4P

成長ベクトル(決定したら市場調査へ)

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP