本日は4Pについて。

 

4Pはマーケティングでは非常に有名なフレームワークです。

使い方はともかく名称を聞いたことがある方は多いのではないのでしょうか?

 

4Pとは、「Product(製品・商品)」「Price(価格)」「Place(流通経路)」「Promotion(販売促進)」の頭文字を取って名前がつけれているフレームワークです。

 

使い方は「どのように販売を進めていくか?」を考える際に使います。

 

仮にすばらしい製造技術があって製品を作れたとしても、どうやって売っていくのか?いくらが適正なのか?等を決めないと売上にはつながっていきません。

 

マーケティングの全体像で行くと一番下に該当する項目で、実際にビジネス活動をしていくための具体的な行動に落とし込んでいく時につかるフレームワークです。

 

新しいサービスなどを始める際には利用してみましょう。

 

 

【マーケティングの全体像】

ミッション・ビジョン・経営理念

市場調査

目標設定

STP分析(セグメント、ターゲット、ポジショニング)

4P

成長ベクトル(決定したら市場調査へ)

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP