以前マーケティングの4Pのご紹介をしました。

今回はマーケティングの4Cについてご紹介します。

 

4Pとの違いは視点の違いです。

マーケティングの4Pは売り手の視点であるのに対して、4Cは顧客の視点からマーケティング活動を考えていきます。

 

4Pは、製品、価格、流通、販売促進のことです。

4Cは、製品→顧客ソリューション、価格→顧客コスト、流通→利便性、販売促進→コミュニケーションとして対応させます。

 

売る製品が明確にあるとしても、顧客視点で考えると「本当に顧客の問題を解決できるのか?」と考えることができます。

 

もしかしたら顧客の問題を解決できない製品を用意してしまっているかもしれない・・・ということを4Cから考えることができます。

 

活用してみると違う考えがでるかもしれませんね。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP