今回はセルフイメージについてです。

 

セルフイメージはその名の通り自己認識のこと。

自社をどのような役割としてとらえているか?ということです。

 

例えば飲食店を例にあげてみましょう。

 

自社を「飲食店・食事を提供するところ」として定義をすると、「おいしい食事を提供する」とか「安い食事を提供する」など食事に関する発想しかでてこなくなります。

 

これとは逆に「弊社のサービスを通じて幸せの場を提供する」等と定義をするとどうでしょうか?

 

食事だけではなく、「店の雰囲気」や「接客方法」も変わってくるでしょう。

 

どこまで自社は対応をするのか?が定義づけられるので非常に重要なポイントになります。

セルフイメージはその人の性格によって作成がしにくいときがあります。

 

自己評価が低い人というのは経営者の方でもいらっしゃるのでこの点を注意しないといけません。

ただあまり背伸びをせずにまた随時変えていくということで作っていくといいと思います。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP