アイデアを出し合い、計画を練って、いざ取り組みをしてもなかなか物事が進まないということが組織では起こりがちです。

 

計画の方法がよくない、取り組みの仕方が悪いということもありますが、計画もしっかり作られていて取り組みの方法も悪くない場合でも、せっかくの良いアイデアが進まないことがあります。

 

 

最大の原因は「目の前の仕事」に追われてしまうからです。

 

 

私もそうですが、日々予期せぬ仕事は入ってきます。

 

そしてどうしてもその仕事を緊急な仕事と捉えがちです。

 

そうすると今日やろうと思っていた大事な仕事が後回しになります。

 

 

本来は優先順位が異なるのに、今入った仕事は今やらないといけないと思いがちです。

 

 

組織として将来の大きな成果のためにある業務に取り掛かるのであれば、しっかりと優先順位を決めることができる基準を共有しておくといいでしょう。

 

ビジョンやキャッシュフローのオンラインセミナーを開催・企画中です!

 

 

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP