おはようございます!

株式会社サンブレスコンサルティングの齊藤です。

 

今日はマーケティングの「全体像」について。

物事を勉強なり、理解するときに大切になってくるのが「全体象」です。

 

マーケティングで言うと分析手法のフレームワークってたくさんありますよね。

フレームワークとはひな形のことです。

 

例えば「SWOT分析」とか「PEST分析」とか「5フォース分析」とかたくさんある訳ですが

1つ1つをしっかり勉強をしても、いつどこで使っていいかわからない。

 

SWOT分析の詳細は説明できても、どのタイミングで使うのかわからないと結局使えない訳ですよね。

 

なので、全体像に紐づけしながら学習をするのが良いと思います。

 

 

【マーケティングの全体像】

市場調査

目標設定

STP分析(セグメント、ターゲット、ポジショニング)

4P

 

 

もうちょっとくだけた感じにすると

 

 

【くだけたマーケティングの全体像】

この市場は儲かるかな?需要はあるのかな?

これぐらいのシェアを取ろう!利益を取ろう!

誰に売ろうかな?誰に商品サービスを案内しようかな?

どうやって売っていこうかな?

 

 

【もっと簡単なマーケティングの全体像】

「誰に、何を、どのように」

 

この全体像にそってまたご紹介していきます。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP