売上を上げないといけない

 

経営をしている方や経営に関わりが深い方はこのフレーズが響きになると思います。

 

では、売上を上げるために何をしていますか?

 

「売上をあげろ!」と従業員に強くいったり、「売上を上げるためには?」と会議を開いたりする前に売り上げを上げる方法をしっかりと具体化するようにしましょう。

 

売上は「単価×客数」に因数分解することができます。

 

さらに単価を上げる方法には、現商品サービスの価格アップだけではなく、追加販売や複数販売などがあります。

 

客数アップも新規の顧客を獲得するだけではなく、既存の顧客に複数回使用してもらうとか来店してもらうという方法もあります。

 

売上を上げる会議をするのであれば、上記のような因数分解したものを共有して「既存顧客に複数回来てもらうための方法は何があるか?」などのように会議をするようにすると効果的です。

 

できればこの売上アップの案は従業員の方から集めた方がよりたくさん具体的な案が出ると思います。

 

声の大きい人の意見が通りやすくなってしまうので会議の進め方に少し工夫は必要ですが、ぜひ試してみてください。

 

 

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP