経営者の仕事は「決断をすること」「経営の打ち手を取ること」です。

 

一般的には一番高報酬をもらっているのも経営者です。

 

だから掃除等の雑務をやるべきではない、社長の仕事ではないという方がいます。

 

確かに「掃除をする」という目的で社長が掃除という業務に取り組むのであればやるべきじゃないでしょう。

 

そんな高給取りな清掃員は必要ないですよね。

 

でも目的が「仕事に対する姿勢を見せる」とか「率先して実行する」などであれば話は別です。

 

経営理念やミッションを作成して「会社で共有しよう」といっても、社長がその理念やミッションに沿った動きをしないと従業員にはなかなか浸透しないでしょう。

 

社長として強い会社を作る上で必要であれば、掃除でもテレアポでも雑務でもやると良いと思います。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP